リハビリ人生

知り合いに「あけすけなブログ」と言われました。アケミって名前のスケバンかと思ってたら赤裸々ということらしいです。

気づかれないから今日も暗闇を歩く

広い世界。わたしの願い事はもしかするとおこがましいのかもしれない。 「私の存在に気づいて欲しい」 息を吸ってはいて、世の中にほんの少しの影響と変化を与えて、誰に命じられることもなく、あるがままに生きている私。この世界でわたしはどれだけ小さい…

正解のキスはお酒の匂いがした

コンパニオンではお酒の入った男性を相手にするのである。そして、キャバクラのように守ってくれるボーイなども存在しないので、場合によってはお客様が無理やり女の子に触り出すこともある。 そんなコンパニオン。宴会コンパニオンとして働いていた時、何回…

生徒会長は動かない

人の言葉には裏側がある。 自分を強く見せかけるために棘のついた言葉の鎧を背負い、体当りして人を傷つけ自分を守る人もいる。「言霊」なんてものはあるが、本当に心がこもって発せられた言葉なんて、実は全然ないのかもしれない。 また、裏側があることに…

質問に答える夜

質問箱、ありますよね。ああいったシステムの自分語りコンテンツが形を変えて度々流行るのは、結局皆誰かに自分の存在を認めてもらいたくて、何者にもなれない自分の居場所をどこかに求めようとしてるんだろうなあと思っています。あれに行き着く人というの…

ロックのスペルは

TOKIOにはほとんど関係ありません

どんくさの血統

私はかなりどんくさい。 足は遅い。体力がこれでもかというほどない。走り方も歩き方も変だ。何もないところで転げまくる。 思春期、運動神経は母親側から遺伝すると知り、この呪われた血筋を自分の代で止めることが出来ないことを察した私は絶望感に苛まれ…

開け放て!セクハラの扉!

突然のセクハラは笑ってしまう。 最近セクハラが話題になっている。 実際にセクハラに悩んでいる人もいるし、私がそれについて意見をどうこう言う訳では無いのだが、今日は個人的な経験からくる話である。 大学の時に働いていたバイト先のラーメン屋の店長は…

娘の乳を笑うな

今日は「ない。」の記事に引き続きおっぱいがないことに関する話です。 母親が娘の貧乳を馬鹿にしている。 母親は胸が大きい。母親のカップ数をブログに公表しても私にも読者にもなんのメリットもない(ちなみに自分の胸がないことを延々とブログに書き続ける…

夢の作り方

「夢女子」という言葉がある。 自分の好きなものに熱を入れて追いかけるにも追いかけ方があって、その夢女子たちはいわゆる「自分が恋人になることを夢見」ていたり、異性として相手のことを意識してしまっていたりもする。 今から夢女子辛いあるあるをいく…

お嬢様は犬にパンティを盗まれる

夢日記をつけてはいけないという話を私は信じている。 毎日起きた時に見た夢を記録することによって、自分の意識の上で夢と現実との境界線があやふやになってしまい、どこまでが夢の話だったか現実だったか分からなくなって発狂してしまうらしい。 いつだっ…

大人の線引き

同級生の結婚の知らせをよく耳にするようになってきた。 24歳になる。そりゃ結婚もするし、子どもだってそろそろ出来てもいい頃なのかもしれない。 高校の同級生が、私が大学生の時に結婚をして、今では2児の母になっている。もっと早く子どもを生んで、小…

ない。

乳がない。 今日言いたいことはこれにて終了です。お疲れさまでした。打ち上げは駅前の和民で予約しておきます。幹事の電話番号は090-7171-081×です。「ないないオッパイ」で覚えてください。 いきなり触れづらい自虐を端的にかましたあげく、誰もノってないボ…

リハビリ人生

もう何年も人間のフリをしながら生きている 「自分には人間の生活というものが見当つかないのです。」 太宰治の人間失格の冒頭にある一文だが、ある日、この一文が自分にしっくりくるようになった。 それは、色とりどりのペットボトルのキャップが一人暮らしの…

生姜焼きの味、ひねりのない言葉

一人暮らしをして自炊をするようになってから料理ができるようになるひとは多い。 私は逆に全く自炊をしない一人暮らしを経て、実家に帰ってから料理をするようになった。まったく料理を覚えない私に母親が、しびれを切らし夕飯を作る役を与えてくれた。毎日…

すずめちゃんはきっとタバコを吸わない

タバコを吸う女が好きだ。 綺麗な女の人や可愛い女の人がタバコを吸っているのを見ると、二割増で可愛くみえてしまう。似合っていても似合わなくても良い。身体に悪いものをわざわざ取り入れて、その口からモクモクと煙が出るのを見ると、言い表しようがない…

空間をぶっ壊せ

京都の老舗の喫茶店に行ってきた。 用があって京都には来ていたのだけれど、折角の京都なんだから楽しまないと勿体ないだろと思い、いくつか観光地に行ったりなんかもした。伏見稲荷の千本鳥居は「千本以上あんなこれ」と思ったしタクシーの運ちゃんにも「…

この世で一番興奮する匂い

おおきちこびこびブログです

セクハラ男がローションで痛い目に合う話

今回のブログは、前回の記事に出てきたバイトのT先輩の話である。 sobameshi5.hatenablog.com 大学生になったばかりで垢抜けないバイト初日の女の子の目の前で、よりによってヘリコプターAVなどというAVの中でもマニアックすぎるものを見せてきたT先輩。 T先…

ヘリコプターAVは確かに存在する

大学生になって初めてバイトをすることになったその日、私はこころなしか緊張していた。 そこのバイトを紹介してくれたのは高校の時の仲がいい先輩だったので、安心はしていたのだが、女子が少ない上に私が入る時間が深夜帯だったので、他に入る人が優しい人…

女だけどVRのAVを見てきた。

ウェブメディアびっくりセールの前にVRAV見てきた話です

朝の日記

毎朝仕事に行く前にゴミ出しをしている。実家暮らしなのだが、勤務形態が特殊で収入が少なく、家に金を入れることが出来ないので、家事全般をやっている。一人暮らしの時より家事の量は多い。タダで住まわせてもらっているので、文句は言わない。低血圧な朝…

セクシーな修羅場を聞いたことがあるか

東京事変の修羅場を聞いていて急に思い出したことがあるので書く。もうこのブログでも何回か書いたけど昔コンパニオンのバイトをしていた。 コンパニオンとは、おじさんたちの宴会を盛り上げるために呼ばれる女の子のことである。この説明でも「どういうこと…

彼女は面白くない

オーストラリアから手紙が届いた。 え?オーストラリアに友達なんていましたっけ?と一瞬思うが、宛名のRの文字でなるほどと思う。 今回話に出てくるRは、韓国で一緒に垢すりを受けたRである。 韓国のアカスリに行ったら地獄だった話 - リハビリ人生 彼女と…

ファッションじゃない方のクズとしての自己紹介

やらなきゃいけないことが出来ない。 昔から、今一番やらないといけないことを真っ先に後回しにしてしまうクセがある。完全なる悪癖。カス。ゴミ。虫ケラ。貧乳。アル中。 なんでこんなに汚い言葉を羅列して、自分で自分を痛めつけているのかというと、いい…

うさぎと毒ガスの島

大久野島へ行ってきた。 大久野島というのは瀬戸内海に浮かぶ広島県の島で二つの名称を持っている。一つ目の名前が「うさぎ島」である。その名の通り、うさぎがワンサカいる。 2013年に計測した結果によると700羽のうさぎがいるらしい。最初フェリーから降り…

秘す必要もないイミのない話

学生時代、色んなバイトをしていた。 その中の一つに「秘書」のバイトがある。一応業務上の秘密を守らないといけないやらなんやらの誓約があるので、なんの秘書をしていたのかは言えないけど、小さな事務所みたいな所だったとだけ言っておこう。仲が良かった…

青春を強要するな

ポカリスエットのCMがある。高校生が校舎の中で音楽に乗せて踊りだし、「君の夢は僕の夢」と歌う。意気揚々と踊る彼らの全身がみずみずしい青色に包まれて、「青春」の有様を見せつけられている、という気分になる。 あれは果たして青春なのか? 高校生が目…

じいちゃんへ

じいちゃんは、 酒とタバコを愛している。 酒は金麦。タバコはメビウス。 お酒は午前中から飲み始めるから、車を出してもらう頼み事は朝イチにしにいかなくてはならない。自分の家から徒歩1分の距離にある家に、「駅まで車で送ってよ」と言いに行くと手遅れ…

全てを憎んでる人の話

その人はこの世のすべてを憎んでるかのような顔をしていた。「語り始めたらね、不満が止まんないんですよ」 その本屋はジリジリと暑かった。細い道を入っていったところにある、病院を改装して作られた古本屋。看板は一見看板だと気づくことはできないし、平…

スタバに見栄を買いに行く女の話

私はスタバに行くのが好きである。 新作が出たらわりとすぐにチェックをしに行くし、スタバで勉強をしたり友達とお話をするのも嫌いではない。 だがしかし、心の底からスタバのなんとかフラペチーノが飲みたいと思って、私はスタバに行っている訳では無い。 …