リハビリ人生

知り合いに「あけすけなブログ」と言われました。アケミって名前のスケバンかと思ってたら赤裸々ということらしいです。

セクシーな修羅場を聞いたことがあるか

東京事変の修羅場を聞いていて急に思い出したことがあるので書く。

もうこのブログでも何回か書いたけど昔コンパニオンのバイトをしていた。
コンパニオンとは、おじさんたちの宴会を盛り上げるために呼ばれる女の子のことである。この説明でも「どういうこと?」とアホづらで聞いてくる人には「出張型のキャバクラみたいなもんだよ!」とか言っていた。まあ正直全然違うんだけど。

キャバクラと違う所は色々あるけど、その中の一つはお客さんに特別気に入られない限りもう一度会うということがないというところだ。一応チーフになったら名刺を渡して「これからもごひいきにどうぞ~」的なやり取りをするので、ごく少ない可能性でまたその人たちが来た時に指名してもらえることもある。

まあそんな感じで一期一会でどんなお客さんとも、ほぼ会うことがないというのがコンパニオンの利点だと個人的に思っていた。

ある時入った宴席で、控室でチーフの女の子から、「この後時間ある?」と聞かれた。
「ありますよ~」と答えたら、彼女は周りの女の子に聞こえないようにコソコソしながら「実は〇〇ちゃん(私の名前)、この後アフターの指名受けてるんよね、いいよね?」と言ってきた。

それあれじゃん。キャバクラのやつじゃん。
さっきキャバクラとここが違う!とか言ってたけどキャバ嬢が客と店の外で会うやつじゃん。

街中で私服に着替えて客と飲み直すのは、友達に見られたらさすがにやばいし、何より宴席と違って守ってくれる人がいないのでちょっとこわい。普通に行きたくないなと思った。

断るそぶりをみせたら逆にチーフにはめっちゃびっくりされた。「いや…でも〇〇ちゃん呼ばれてたからな…どうしようかな…」って困ってる。なんかわたしが困らせてるみたいになってる。なんでよ。

もう一人の指名受けてた子に相談したら、「あ、私前にやったことあるよー」と普通に返された。
流されやすい体質なので、そんな感じで仕方なくいくことになった。人生初のアフターである。



待ち合わせて、普通のチェーン店の居酒屋に入る。
男5女3で飲み会開始。
仕事じゃないからなこれ。絶対何一つ話さねえからな。とか思ってたんだけど、普通に沈黙とか耐えられないので、ちゃんと話した。

話はそこそこ盛り上がった気がするけど、なんにも覚えていない。
向こうは短い時間を使って「いかに女の子に良く思ってもらえるか」とか、接待なら「女というアイテムを使っていかにこの場を盛り上げられるか」としか思っていない。
だからガチ恋みたいなことをしない限り、会話の中で人間性のピースがかっちりはまるなんてことはお互い期待していないんだと思う。(私の主観です)

まあそんなこんなで、お互いの内面の一層目をつつきあうようなトークをそこそこして盛り上がったり、たまにぐだついたりしながら飲み会は終わった。


よっしゃー!!終わったー!!!かえろー!!と愛しいお布団のことを考え始めていた所、「次どうする?」との一言。
え?おひらきでは?まだやんの?と必死でチーフに目線を送っていたのだが、チーフは「カラオケいこっかー!」と、私が一番望んでない方向への後押しをしてきた。

ここでチーフについて触れておくが、チーフは私と同い年の女の子だった。わりとふくよかな体型をしているアジアンビューティな子だ。宴席中にはまとめていた長い髪は、おろすと毛先が赤色になっている。化粧が濃いギャルというわけでもなく、普段は大学に通っている独特の雰囲気を持っているノリのいい女の子だった。
彼女はアフターという行為に慣れまくっているので、この展開がなんにもおかしくないみたいにふるまって、むしろ楽しそうにしていた。



結局そのままカラオケに行くことに。
アフターでカラオケというのは最悪の極みみたいな選択だ。暗いし。距離近いし。

で、私の隣には宴席の時から私の事を気に入ってくれていた人が来た。
ヒルズ族与沢翼みたいな顔と体型をしている。
さっきの居酒屋では離れた席にいたので、「お待たせ」みたいな顔でこっちを見ている。待っていない。ガチ恋すんな。
太めの体型の男性は好みだけど、与沢翼似に関しては、「与沢翼だな」という感想しかない。それ以上でもそれ以下でもない。

翼は「何歌う?」と私にデンモクを渡しながら言ってくる。マキシマムザホルモンを歌いたい。私はロックが好きで、マキシマムザホルモンは絶対歌うしデスボイスも出す。「不勃起日本、ケツ毛引火」って叫びたい。でも全力でデスボイスを出すような雰囲気ではない。ぶっ生き返せる雰囲気ではない。
宴席用の十八番はあるけど、とりあえず私は翼にデンモクを託して今日は聞く専に徹しようと思った。


翼は浜崎あゆみの「Days」をいれてきた。なんで?


その瞬間意気揚々と歌う翼に私は思わず噴き出してしまった。メチャクチャにうまいのだ。ビブラートとか音が上がる所とかの出し方を完全にモノにしている。しかもうまいことを自覚している歌い方だ。段々腹立ってくる。
なんだこいつ。最初から歌いたいなら歌えよ。一人で気持ち良くなるな。

「〇〇(私の名前)がいる~それだけで~心がとてぇも↑あたたかくなるぅ~~~~」

やりやがった。こいつ。ついにやりやがった。
歌詞の君のところに私の名前いれてきやがった。二文字だからって語呂よく当ててくるな。あとそれ源氏名とかじゃなくて本名だからまじで勘弁してくれ。

「〇〇を好きなままでぇ~~~~~いていいですかぁ~~↑↓↑↓」

やめてくれ。手のひらを差し伸べながらこっちを見つめてくるな。ここぞとばかりにビブラートきかせるな。

翼から受ける全力のアプローチに我慢できず、私は助けを求めようとこの一連の流れを見ていたであろうチーフの方を見た。


チーフ、お膝に乗ってた。お膝に乗って完全に男に上半身を預けていた。

目を疑った。
歌とか聞いてない。二人の世界になってる。


え…?セックスしてる…?いやしてないけど。する前のやつ?始まるやつ?

もう翼の歌とかどうでもいい。
翼すげえこっち見てるけどもうどうでもいい。見るな。


そのあとチーフが歌ったのが東京事変の「修羅場」だった。元々かわいい声をしているんだけど、それにしてもうまかった。ていうかエロかった。チーフの修羅場はエロかった。


何時間か歌って宴もたけなわとなり、その後お開きということになった。
私たちはタクシー代をもらい、おじさんたちはもといた旅館に戻ることに。本当は街から歩いて五分の所に住んでいるのだけど、多めのタクシー代をもらって、一度断るそぶりをみせつつ私はしっかり受け取った。
ようやく帰れる…。なんやかんや言って宴席から場を盛り上げ続けた女の子同士で、ねぎらいあって帰ろうとしたその時、

「じゃ!私こっちだからー!気をつけてね!」

と、チーフは膝に乗っていたおじさんと腕を組み夜の街に消えていった。





以上が私の最初で最後のアフターの経験だった。

後から、他の子に話を聞くと、彼女は割といつもそんな感じらしく、全国からくるお客さんと仲良くなり、全国にお財布オジサンを増殖させているらしい。旅行やフェスに行くとそのおじさんと会い、宿泊費やらなんやらたくさんもらうそうだ。
キャバクラと違って、お客さんが全国からくるというコンパニオンのシステムを巧みに利用した作戦である。

彼女のことをあまり良く思っていない女の子も結構いた。しかし、私は逆に「最強だな」と尊敬していた。

アフターだってなんだって、やるなら全力でやる。そしてどうせやるなら全部搾り取ってやればいい。そんなサッパリした考えを持っている子こそ、お客さんにも好かれて、結果的にたくさんのオジサンを幸せにしているのだ。

とことん搾取する側に回って、自分の人生の為にする。こういう子こそ、水商売をやるべきなのかもしれない。そんな風に思った。



今でも東京事変の「修羅場」を聞くと彼女のセクシーな歌い声を思い出す私だった。
与沢翼の声は浜崎あゆみを聞いても、与沢翼を見ても特に思い出せない。


思い出さなくても、よい。