リハビリ人生

知り合いに「アケスケなブログ」って言われました。あけみって名前のスケバン?って思ってたら赤裸々って意味でした。

お嬢様は犬にパンティを盗まれる

夢日記をつけてはいけないという話を私は信じている。 毎日起きた時に見た夢を記録することによって、自分の意識の上で夢と現実との境界線があやふやになってしまい、どこまでが夢の話だったか現実だったか分からなくなって発狂してしまうらしい。 いつだっ…

大人の線引き

同級生の結婚の知らせをよく耳にするようになってきた。 24歳になる。そりゃ結婚もするし、子どもだってそろそろ出来てもいい頃なのかもしれない。 高校の同級生が、私が大学生の時に結婚をして、今では2児の母になっている。もっと早く子どもを生んで、小…

ない。

乳がない。 今日言いたいことはこれにて終了です。お疲れさまでした。打ち上げは駅前の和民で予約しておきます。幹事の電話番号は090-7171-081×です。「ないないオッパイ」で覚えてください。 いきなり触れづらい自虐を端的にかましたあげく、誰もノってないボ…

リハビリ人生

もう何年も人間のフリをしながら生きている 「自分には人間の生活というものが見当つかないのです。」 太宰治の人間失格の冒頭にある一文だが、ある日、この一文が自分にしっくりくるようになった。 それは、色とりどりのペットボトルのキャップが一人暮らしの…

生姜焼きの味、ひねりのない言葉

一人暮らしをして自炊をするようになってから料理ができるようになるひとは多い。 私は逆に全く自炊をしない一人暮らしを経て、実家に帰ってから料理をするようになった。まったく料理を覚えない私に母親が、しびれを切らし夕飯を作る役を与えてくれた。毎日…

すずめちゃんはきっとタバコを吸わない

タバコを吸う女が好きだ。 綺麗な女の人や可愛い女の人がタバコを吸っているのを見ると、二割増で可愛くみえてしまう。似合っていても似合わなくても良い。身体に悪いものをわざわざ取り入れて、その口からモクモクと煙が出るのを見ると、言い表しようがない…

空間をぶっ壊せ

京都の老舗の喫茶店に行ってきた。 用があって京都には来ていたのだけれど、折角の京都なんだから楽しまないと勿体ないだろと思い、いくつか観光地に行ったりなんかもした。伏見稲荷の千本鳥居は「千本以上あんなこれ」と思ったしタクシーの運ちゃんにも「…

この世で一番興奮する匂い

おおきちこびこびブログです

セクハラ男がローションで痛い目に合う話

今回のブログは、前回の記事に出てきたバイトのT先輩の話である。 sobameshi5.hatenablog.com 大学生になったばかりで垢抜けないバイト初日の女の子の目の前で、よりによってヘリコプターAVなどというAVの中でもマニアックすぎるものを見せてきたT先輩。 T先…

ヘリコプターAVは確かに存在する

大学生になって初めてバイトをすることになったその日、私はこころなしか緊張していた。 そこのバイトを紹介してくれたのは高校の時の仲がいい先輩だったので、安心はしていたのだが、女子が少ない上に私が入る時間が深夜帯だったので、他に入る人が優しい人…

朝の日記

毎朝仕事に行く前にゴミ出しをしている。実家暮らしなのだが、勤務形態が特殊で収入が少なく、家に金を入れることが出来ないので、家事全般をやっている。一人暮らしの時より家事の量は多い。タダで住まわせてもらっているので、文句は言わない。低血圧な朝…

セクシーな修羅場を聞いたことがあるか

東京事変の修羅場を聞いていて急に思い出したことがあるので書く。もうこのブログでも何回か書いたけど昔コンパニオンのバイトをしていた。 コンパニオンとは、おじさんたちの宴会を盛り上げるために呼ばれる女の子のことである。この説明でも「どういうこと…

彼女は面白くない

オーストラリアから手紙が届いた。 え?オーストラリアに友達なんていましたっけ?と一瞬思うが、宛名のRの文字でなるほどと思う。 今回話に出てくるRは、韓国で一緒に垢すりを受けたRである。 韓国のアカスリに行ったら地獄だった話 - リハビリ人生 彼女と…

ファッションじゃない方のクズとしての自己紹介

やらなきゃいけないことが出来ない。 昔から、今一番やらないといけないことを真っ先に後回しにしてしまうクセがある。完全なる悪癖。カス。ゴミ。虫ケラ。貧乳。アル中。 なんでこんなに汚い言葉を羅列して、自分で自分を痛めつけているのかというと、いい…

うさぎと毒ガスの島

大久野島へ行ってきた。 大久野島というのは瀬戸内海に浮かぶ広島県の島で二つの名称を持っている。一つ目の名前が「うさぎ島」である。その名の通り、うさぎがワンサカいる。 2013年に計測した結果によると700羽のうさぎがいるらしい。最初フェリーから降り…

秘す必要もないイミのない話

学生時代、色んなバイトをしていた。 その中の一つに「秘書」のバイトがある。一応業務上の秘密を守らないといけないやらなんやらの誓約があるので、なんの秘書をしていたのかは言えないけど、小さな事務所みたいな所だったとだけ言っておこう。仲が良かった…

青春を強要するな

ポカリスエットのCMがある。高校生が校舎の中で音楽に乗せて踊りだし、「君の夢は僕の夢」と歌う。意気揚々と踊る彼らの全身がみずみずしい青色に包まれて、「青春」の有様を見せつけられている、という気分になる。 あれは果たして青春なのか? 高校生が目…

じいちゃんへ

じいちゃんは、 酒とタバコを愛している。 酒は金麦。タバコはメビウス。 お酒は午前中から飲み始めるから、車を出してもらう頼み事は朝イチにしにいかなくてはならない。自分の家から徒歩1分の距離にある家に、「駅まで車で送ってよ」と言いに行くと手遅れ…

全てを憎んでる人の話

その人はこの世のすべてを憎んでるかのような顔をしていた。「語り始めたらね、不満が止まんないんですよ」 その本屋はジリジリと暑かった。細い道を入っていったところにある、病院を改装して作られた古本屋。看板は一見看板だと気づくことはできないし、平…

スタバに見栄を買いに行く女の話

私はスタバに行くのが好きである。 新作が出たらわりとすぐにチェックをしに行くし、スタバで勉強をしたり友達とお話をするのも嫌いではない。 だがしかし、心の底からスタバのなんとかフラペチーノが飲みたいと思って、私はスタバに行っている訳では無い。 …

奇跡が起きてラジオに出れた話

「主張大会に出てみない?」 中学生の時、先生にそんな提案をされた。 主張大会とは、市の中学生が参加して原稿用紙何枚分かの自由なテーマの主張を各々がステージの上でマイクをもって客席に向かって投げかけるという大会で、うちの市ではわりと始まって間…

悪口という名の処方箋

今日はまたコンパニオンをしていた時のお話だ。 コンパニオンにめちゃめちゃ口の悪い先輩がいた。Kさんとする。 コンパニオンは宴会が始まる1時間前に事務所に来て控え室で着替えたり化粧したり身支度を整えて30分前にミーティングを済ませて旅館にバスで運…

私は宮崎あおいにはなれない

私の家の近くには川が流れている。 日本全国で上から数えた方が早いくらい汚い川で有名である。 何ヶ月かに一回ゴミの清掃活動が行われたりもするんだけど、それでも河岸にはいつもゴミと泡吹いて死んでる魚が打ち上がってる。 まあそれはもうドブ川である。…

つぶやくということ

Twitterが好きだ。小学生からずっと日記を書き続けていた。 TOKIOがその時から大好きだったので、大好きなTOKIOの絵を添えて、絵日記のような形式でその日あったことをキャンパスノートに書きまくっていた。日記帳は全部取ってある。最初に始めたのは5年生の…

韓国のアカスリに行ったら地獄だった話

大学の友人8人で韓国のソウルに行ってきた。 今回話したいのは、そこで経験したアカスリの話である。元々、NANTAという日本でいう吉本新喜劇のようなショーを見ることになっていたが、ガイドさんにアカスリを紹介され、NANTAよりそっちに興味が出てしまった…

私と東北の「絆」

今日は、自分と東北について書こうと思う。2011年3月世間でやたら、「絆」という言葉が使われだした。 東日本大震災。 日本周辺における観測史上最大となったその地震は、それに伴って発生した津波とも相まって大規模な被害を呼び起こした。地震が起き…

愛なんか生まれない日々

今日は、宴会コンパニオンのことについて話そうかと思う。宴会コンパニオンとは、 旅館などに来るお客様に対して、お酒を注いだり会話をしたりして、宴席を盛り上げるお手伝いをするスタッフのこと。 制服は、バスのガイドさんのスカートを短くしたみたいな…

桜の樹の下には

もうすぐ春が来る。季節の中で春が好きという人は多いだろう。 出会いと別れの季節で大きく感情を揺るがされ、温かさに包まれて人は幸せを感じる。 満開の桜に酔いしれ、気分が高揚する。春は居心地がいい。ポカポカと晴れた太陽の下で、芝生に身を投げ出す…

頼むから死んでくれバレンタインデイ

私たちはイベントに踊らされすぎている。 明日はバレンタインデイである。 バレンタインデーの由来はわざわざここで語ることを避けるが、まあようするに想い人に対し気持ちをチョコに込めてプレゼントするというようなイベントである。チョコには種類があっ…

相対性理論の「地獄先生」に感化されている。

学校の先生とは不思議な人種である。 家族とも友達とも違うが距離感がとても近い位置に属している。小学校から高校生において、学校という閉鎖空間に閉じ込められて生活を送る私たちは「身近な大人とは」と問われれば、先生と答えるだろう。私たちは、先生を…