リハビリ人生

知り合いに「あけすけなブログ」と言われました。アケミって名前のスケバンかと思ってたら赤裸々ということらしいです。

気づかれないから今日も暗闇を歩く

広い世界。わたしの願い事はもしかするとおこがましいのかもしれない。
「私の存在に気づいて欲しい」
息を吸ってはいて、世の中にほんの少しの影響と変化を与えて、誰に命じられることもなく、あるがままに生きている私。

この世界でわたしはどれだけ小さいんだろうか。わたしがいなくなったその日、消費税が15パーセントに上がって、「タバコを買うのがまたしんどくなった」とどこかでニコチン中毒者が不服を漏らして、その彼女が「わたしの洋服にタバコの煙がつかなくなる日は近いかもしれない」と晴れやかな顔で笑ったりもするかもしれない。
もっともわたしが死ぬことと、消費税があがるかもしれないことと、タバコ吸いの彼女の溜飲が下がるかもしれないことは、何の因果関係もないので、これはわたしの妄想に過ぎない。

やっぱりそこまでの影響力を及ぼさず、知らない誰かに私を気づかれないまま終わっていく毎日がそこにあるのだと思う。

わたしの生き死にが世の中のタバコのモクモクに影響を及ぼさないとわかったうえで、やっぱりわたしは「私の存在に気づいてほしいな」と思う。


ほらまた消えた。


職場でわたしがまだ奥の個室に入っているのに、用を済ませてトイレの電気を消していく知らない誰か。
わたしはトイレでよくぼーっとしていて用を足したあとも座り続けているため、存在に気づかれない。

わたしはお前のために、わたしの存在をいつもアピールしている。
音姫を無駄に再生して音姫の電池量を消費している。トイレットペーパーホルダーを下からアッパーして紙を巻かずにカラカラの類似音を出す。謎の地団駄を立ててみたりする。
そうしていると、気づいてもらえて電気を消されないこともある。

けど今日も消えた。アピールが足らなかった。
今日もわたしの存在はなかったことになった。タバコの煙はモクモク出るし、トイレの電気は消えてしまう。


用は足してるけど、なんとなくブツは流さずとりあえず電気をつけに歩く。今人が来たら困る。なぜなら今わたしはいないことになっている。
いくつか並んだ個室を横切り、照明のスイッチまでは地味に遠い。自分を証明するスイッチまでの真っ暗闇な道のりを歩く。
この道のりがほぼ人生なんだろうなと思う今日だった。

正解のキスはお酒の匂いがした

コンパニオンではお酒の入った男性を相手にするのである。そして、キャバクラのように守ってくれるボーイなども存在しないので、場合によってはお客様が無理やり女の子に触り出すこともある。

そんなコンパニオン。
宴会コンパニオンとして働いていた時、何回か「これはどうするのが正解なんだ?」と思ったことがあった。
これは、私がコンパニオンをしていて一番難しかった事案である。

 

その日私はサブチーフとして宴席に入っていた。(チーフやサブチーフは宴会によって事務所にわりあてられる。チーフは幹事に二次会の交渉をしたり事務所への連絡などをし、サブチーフはチーフのアシスト及び、女の子の席移動の指示などをしたりする。)


女の子は10人ほど。
どうやら初めてうちのコンパニオンを呼んでくれた会社らしかった。
打ち合わせから帰ってきたチーフは「今日はやばいかもしれない」と私に告げた。
私はチーフの「やばい」をガラの悪いお客さんが多いのかな、くらいに認識した。
そのあとやばさを肌で実感することとなった。

乾杯の合図があるまで、コンパニオンは宴会場の廊下で待っている。
その日はえらく乾杯に至るまでが長かった。
というか全員揃っているであろうに何の物音も聞こえない。
静けさに包まれている。
姿勢を維持しながらもいつ始まるんだと気になっていたら急にカラオケが始まった。

長渕剛の曲だった。
はぁ〜んカラオケしてから盛り上がって乾杯に行く奴ねと思った。しかし、どうやら盛り上がってはいない。
長渕剛の曲をしっとりと歌い上げている。
なんならよく聞くと歌声に嗚咽が混じっていることに気付いた。

「このオッサン・・・乾杯前に長渕剛をしっとりと歌いながら泣いている・・・?!」

いまだ静けさに包まれている会場に、そりゃ乾杯前にこんな雰囲気にさせられたらこうなるよね!?と共感の意。
お酒の席だよ!元気に行こうよ!と思っていたのだが、乾杯の合図があり部屋の中に入って整列した瞬間チーフが言っていた「ヤバさ」の正体を知った。


どう見てもカタギの人間ではない風貌の人たち。
笑みを一切浮かべずこちらを見つめる男達。
袖から見える墨の跡。
マイクを戻す涙目の厳つい顔のオッサン。
そして、

端には一人の男の写真立てとビール。

 

 

あ、そゆこと〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜????????????????????

 


全てを理解した私は、今日の目標を「延長をとる」ではなく「生きて帰る」に変更した。

呆気にとられていると、涙目の親分から「はよ注ぎに来いや!!!!!」と怒声が飛び交った。乾杯終わりに飲み干したであろう一人一人のグラスに私たちは急いでビールを注ぐ。

そして私は最初の難関に立ちはだかる。

この写真のお方にはビールをお注ぎした方がええんですか・・・・・・・・・??????

周りを見渡すもまだ談笑すら始まってない空気。様々な思い出があるであろうこの写真の方に、私みたいな人生の酸いも甘いも経験してない小娘がビールを注いでええんですかい・・・・・・・・・????

どうしようか迷っていたら親分がそこへ来て「貸せ!!!!!」と手を差し伸べてきたので、急いでビンのフタを開けて「はい!!!!!」と渡す。

おやびんは写真の人物のグラスにビールを注ぎ、自分のおちょことカチンと合わせ、しっぽりと飲み始める。
完全に話しかけてはいけない空気なので、かろうじて話しかけられる人の元へ移動しようと思っていたらチーフから声がかかる。

「今日しらぽんちゃん、上座固定で」

ありがたいお導きかと思えば、地獄への誘いだった。
上座は親分とその右腕左腕の席で親分は今私の横で写真の人としっぽりキメている。
今日の宴席は、親分の機嫌に全てかかっている。今の所声をあげたり激しい態度をとってくるのは親分だけだった。
親分の機嫌が保てれば今日の宴席は無事終わる。生きて家に帰れる。


静けさからようやく談笑もできるようになり、下座の方から「俺ちんぽまで墨入っとんよ!!!見る!?」という声も聞こえてきた。正直そっちと変わりたかった。
下ネタトークを率先してやりたいわけではないが、今なら「何の墨!?昇り龍!?」とか合いの手を入れて盛り上げられる気がする。

願いは叶わず親分が上座にしっぽり帰還をキメた。
ここからが勝負だ、と思い私は心の刀をキンッとひく。


構えて向かったものの、思っていた以上に親分とは早めに打ち解けることが出来た。
親分に気に入られた理由は主に2つだった。

1つ目が私の名前が、昔好きだった女の名前だったということ。
2つ目が私の出身地が親分の好きな場所だったこと。

とても怖かったが、これでなんとか無事に生きて帰れると思った。人は見た目で判断するべきではないのかもしれない。親分は嬉しそうに私の名前と同じ名前の女の思い出を語った。
涙ながらに長渕剛を歌った彼は人情にあつく、思いやりのある人なのかもしれない。

「ええか、女はずっと美しくあれよ」

親分は私の目を見てそう言った。
私はそれを義務のように受け取った。

 

宴会は縁もたけなわとなり、地獄のムードで始まった空間も今では和気あいあいとしていた。
最後の曲と言って、下座にいた人たちが全員で長渕剛の乾杯を肩をくみながら歌っていた。ちんぽ昇り龍の男もマイク無しで声を張り上げる。

笑いながらそれを見ていたら親分に肩を叩かれた。振り向くとこっちにおいでと手招きをしている。
本当はダメだが私は言う通りに親分の真横についた。

すると親分は私を持ったまま立ち上がり、私の腰に手を当てて言った。


「チューしよや」


え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
おやびんおやびんそこまで親密になろうとは思ってないよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

脳内が混乱するがおやびんの目はメチャクチャ真剣である。
私の目を一直線に見つめている。
というかたぶん私の奥にある昔の女を見つめている。

ちんぽ昇り龍たちは私と親分を見て歓声をあげながらより歌声に勢いを増す。サビが会場内を包み込む。

この場における正解とはなんだ!私はどうしたらいい!?親分の瞳を見つめ返し、決心をする。

 


乾杯!

 

今君は人生の

 

大きな大きな舞台に立ち


ムチューーーーーーーーーーー

 

親分との熱い接吻を受け入れてしまった。
仲間との別れで悲しむ親分に、元気になってほしい。
この気持ちが私の正解だったのかもしれない。

 


遥か長い道のりを歩き始めた。

 

君に幸せあれ

 

 

曲が終わり、締めの乾杯を終え、無事宴会は終わりを遂げた。
「生きて帰る」という目標はなんとか達成することが出来た。
人生はどうすれば良いかの選択肢の連続であるが、私が立たされた岐路はキスで良かったと自分に言い聞かせている。
なぜかって?


「お前その貧乳どうにかならんのんけ」


そうじゃないと別れ際に一言いった親分のハゲ頭をぶん殴りたくなったから。

 

生徒会長は動かない

人の言葉には裏側がある。

自分を強く見せかけるために棘のついた言葉の鎧を背負い、体当りして人を傷つけ自分を守る人もいる。「言霊」なんてものはあるが、本当に心がこもって発せられた言葉なんて、実は全然ないのかもしれない。

また、裏側があることに発した自分ですら気づいてない場合もあるのではないだろうか。


今回は話が高校生に遡る。
いつか生徒会だった時のエピソードをブログに書いた。

 

sobameshi5.hatenablog.com

 

今日話すのはこの記事で書いたメガネの中の一人、生徒会長になったメガネの話だ。


会長は真面目で良い奴だが、少し頑固でいつも何かをやらかしていた。
高校生男子としては珍しくDREAMS COME TRUEをこよなく愛し、当時のメアドにもDREAMS COME TRUEをガッツリ入れていた。おっちょこちょいなのか、ドリカムが22周年だった時「ドリカムが22周年になったのでメアドを変えます。メアドDREAMSCOME TRUE21....」というメールを送ってすぐ、「すいません22周年なのに21になってました。メアドDREAMS COME TRUE22...」という訂正メールを送ってきた。その時ほど心底どうでもいいと思ったことは無かった。ドリカムの名前を入れてるからなのか、女だと勘違いされてる迷惑メールがハチャメチャにきていた。キムタクから求婚されていた。


「白ポン(私の苗字仮)さん、俺は幸せになるための術を見つけた。」

彼女いない歴年齢の会長は、数少ない異性の友達である私(私も同じく異性の友達は少ない)にこう話しかけた。
訝しげに何よと聞くと彼は答えた。

「無欲。これが全てだ」

彼の理論では欲を持つと人は滅びてしまうらしい。人を好きになってしまうから傷つくし、誰かと付き合いたいと思わなかったら誰かと付き合いたいと思わなくて済む、と言っていた。

今まさに童貞の生きた語録が記憶に植え付けられているのだなと私は思いながら、彼の話に付き合っていた。

多くを求めない、小さなことに喜びを覚える。
そんな彼が今一番幸せを感じる瞬間は、「金魚のエサやり」らしかった。ジジイの生活はやめろ。

 

そんな平和な生徒会にある日、事件が起きた。

 

「パソコンがねぇ!!!!!!!!!!」

 

会長の大声が部屋に響き渡った。
生徒会は生徒に向けた会議の議事録も、先生に提出する企画書類も全てパソコンで製作しており、パソコンがないと活動がその日の困難になることもある。日は生徒会が最も忙しい文化祭近く。
会長は困ったことがあるとすぐパニックに陥るので、落ち着いている方の会計のメガネがなだめにかかった。

「どいつだ〜〜!!!!!やすこ〜!かなえ〜!こうき〜!あまね君か〜!?!?」

誰だ。
と思ったら全員生徒会の顧問だった。
いきなり生徒会顧問全員の名前を下の名前で呼び出すボケをしてきたので、「なんだ焦ってるけどコイツわりと余裕あるな」と思った。会長のボケは特に面白くはない。


ただ、事件は重なった。
生徒会棟の階段から、聞きなれない華やかな声がしてきた。

「重た〜〜〜!!!」
「マジこれだるいわ!」

生徒会室を通り抜け奥の倉庫へ向かう彼女たちのスカートは赤色でヒラヒラと短かった。
正体はチアガール部だった。


「おいおいおいおいおい!どうなってるどうなってる!」


突然教室の真ん中でスクールカースト圧倒的最上級の生活を送っている顔のいい同級生女子たちが現れたことに、驚きと動揺を隠せない生徒会男子たち。

緊急事態に見かねた会長は生徒会室から職員室に繋がっている内線電話で顧問のあまね君に電話していた。

「先生!?!?大量のチアガール部がこっちに向かってるんですが一体どういうことですか!?!?!」

ゾンビが来てるからなんとかしてくれみたいな言い草で会長はあまね君に詰め寄る。
あとパソコンの件はどこにいったんだ。
まずは活動に支障をきたす方を聞いてくれ。


電話を切った会長はあまね君から聞いた話を私たちに教えてくれた。チアガール部の部室が改装工事のため1ヶ月ほど生徒会棟の奥を使うことになり、今は移動のため活動するための道具を運んでる最中らしい。

確かに倉庫の中は広い。チア部が活動することのできる程度の広さはある。しかし、そのためには倉庫内の使わなくなった生徒会の備品という名のゴミたちを移動する必要があった。


チアガール部たちは自分たちの荷物を運び終え、生徒会顧問と兼任しているチア部の顧問が物品の移動の指導をしていた。
ヒラヒラとしたスカートで重いものを持って階段を降りているチア部たち。

生徒会メガネたちは腰をあげ、チア部を手伝いに行こうとした。その時、


「待て」

生徒会長からのストップがかかった。


「手伝うな。手伝ったら負けだ。」


会長の目は闘志に燃えていた。この状況で彼はなにと戦っているのか私には検討もつかず、「でも男手を考えたら手伝いに行った方がいんじゃないの?」と提案した。


「いや、ここで手伝ったら男がすたる。」


逆では?
手伝う方が絶対にカッコいいよ!絶対にカッコいいよ会長!
というかパソコンないし今やることそんな進められないから行ってもいいだろ絶対。

それでも動かなかった。
会長は動かなかった。

会長の「手伝うな」という言葉。
言葉の裏には何かがある。


うちの学校の文化祭はほとんど全て生徒会が運営していた。準備は半年前から始め、休日も準備に費やし、文化祭前日は全員学校に泊まってやることをしていた。
そんな中、一番文化祭での注目が集まるのはチアガールの舞台であった。チアガールが足をひとあげするだけで男たちのお祭り騒ぎである。
生徒会は足を交互に前に出しバタバタと動いていても特に何にも言われない。
むしろ「あれやれこれやれ」と各委員に指示するので嫌われるばかり。
汗水垂らした文化祭は、生徒の笑顔で幕を閉じる。


「皆に文化祭を楽しんでほしい」

その一心で作り上げる私たちと、華やかに踊るチアガール。

「手伝わない」という言葉の裏側。
「俺たちの青春は俺たちが守る」
誰よりも頑固な会長の、意地があったのかもしれない。


童貞メガネたちは、皆会長の言うことを聞いていた。
しかし、そんな中一人のメガネが立ち上がり、部屋から出ようとした。

副会長である。

会長は副会長の手を思わず掴み、言った。

「お前・・・もしかして手伝いに行こうって言うのか!」

副会長は振り向かない。
無言が彼の肯定なのだろうか。

誰よりも近くで苦楽を共にしてきた副会長。
自分を推薦し、全員の前で応援演説さえしてくれた副会長。雨の日も風の日も、2人は生徒会のために頑張ってきた。

そんな2人が敵同士になる日がくるなど、誰が考えただろうか、いや誰も思いはしなかっただろう!


会長は手を離した。かつて自分を応援した彼は、今はチアガールを応援しようとしている。ここからは違う生き方か。


すると、無言を貫いていた副会長はまっすぐと会長を見据えて言った。


「困ってる女の子が目の前にいたら・・・助けるのが普通だろ」


会長は膝から崩れ落ち、絞り出すような声で言った。


「その通りだ・・・・・・っ!!!!」

 

 

 

その後普通に全員で倉庫の掃除を手伝った。
無欲を掲げた生徒会長は、ほぼ初会話のチア部の前で、照れくさそうにコミュニケーションを取っていた。

実は誰も敵なんてそこにはいなかった。
言葉の裏なんて気にしない、楽しい時間がそこにあった。
困ってるところに手を差し伸べられて、距離が近くなったチアガールたち。
彼女たちは会長に意気揚々と話しかける。

 

「会長この前体育の時、体操ズボン後ろ前逆に履いてたよね!?!?ウケる」


会長は黙って下を向き、黙ったまま古くなった看板に手をかけた。

質問に答える夜

質問箱、ありますよね。ああいったシステムの自分語りコンテンツが形を変えて度々流行るのは、結局皆誰かに自分の存在を認めてもらいたくて、何者にもなれない自分の居場所をどこかに求めようとしてるんだろうなあと思っています。あれに行き着く人というのは、人間の愛すべき脆さを体現してるといってもいいと思います。

 

 

ってことで質問箱回答いっちゃうよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!イェイイェイイェイ!!

白子ポン酢というのはラジオの感想用に作ったアカウントなのですが、ここからブログを読んでくださる方も増えてきて、気が狂った夜に質問箱を設置したら質問が段々送られてきて、私も人間の弱さを具象化する側の人間になろうと決意したよ!弱さと醜さを愛せ!お前も人間だろ?

 

f:id:sobameshi5:20180528223747j:image

 

この質問一番最初に来たんですけど、私のことなんだと思ってます?回答としては把握してないです。むしろ大丈夫?って聞きたい。大丈夫?ねぇ。

 

 

f:id:sobameshi5:20180528223726j:image

 

これはTwitterの白子ポン酢のアイコンのことですね。

f:id:sobameshi5:20180528224234p:image

TBSラジオおぎやはぎの「メガネびいき」で2017年のラジフェスで販売したクソメンクソガールキャップです。メガネびいきは聞いた後内容が何の記憶にも残らない最高のラジオです。

 

 

f:id:sobameshi5:20180528224712j:image

 

ブログを読んでくれてありがとうございます。今思い出すのもキツい文章を書いていました。こういう記事もあるのでよかったらご覧ください。

 

 

sobameshi5.hatenablog.com

 

 

他に文芸部の冊子で四コマ漫画を連載していて名前が「青空Heart」だったんですが、どうして誰も何も言ってくれなかったのか。明らかにヤバいだろ。

 

 

f:id:sobameshi5:20180528225134j:image

 

べチコーだ!!!(ちなみにべチコーとはオモコロラジオ金曜担当最高ラジオの43回の「嘘ひとつない良い話には夢も希望も愛もある」のメールコーナーに送られてきた変態です。)

 

omocoro.jp

最高ラジオは最高なので皆さん聞いてください。

 

ちなみにこの質問についてはTwitterで「べチコーのコートの中には何があるの?」と聞きました。すぐツイ消ししたんですけど。

 

 

 

f:id:sobameshi5:20180528225151j:image

 

回答きてんじゃ〜〜〜ん!ヒュウ!(ハイタッチ)

べチコーの裸ってラインスタンプみたいなポップさある?大丈夫?己のコンテンツ力過信してない?

 

 

 

f:id:sobameshi5:20180528225905j:image

 

なんでそんな喧嘩腰なの?黒歴史ってなんでしょうね。スッピンがイモトに似てると100万回言われてるので、1回イモトに似せたメイク(極太眉毛)をしてTwitterに画像をあげたら地味に反響があったんですが、それも黒歴史っていいます?だとしたらイモトに失礼ですね。

 

 

 

f:id:sobameshi5:20180528230336j:image

 

今日も控えめに「俺はここにいる」と私に伝えてくれています。もうちょっと主張してくれてもいいヨ!

 

 

 

f:id:sobameshi5:20180528230650j:image

 

全部聞いてます!

更新されてすぐ聞くのは最高ラジオとありっちゃありアワーです。

 

 

 

f:id:sobameshi5:20180528230740j:image

 

わりとそんなことなくない?結構、嫌な煽りをしてくる人間が使いがちだと思うけど君はどう思うかな?^ ^

 

 

 

f:id:sobameshi5:20180528230840j:image

 

バスト極小

エスト中

ヒップ中

心の広さ無限大

 

 

 

f:id:sobameshi5:20180528231020j:image

 

なんなんでしょう。人類が最後に託した希望の綱?輝いてますよね。スケベ女って。

 

  

 

f:id:sobameshi5:20180528231139j:image

 

リアルに答えると、TOKIO国分太一のRadioboxです。それなりに熱心にメール送ってました。ちなみにその後すぐハマったSCOOK OF LOCKは初代やましげ校長やしろ教頭ド世代です。録音したカセットが山のように部屋にあります。

 

 

f:id:sobameshi5:20180528231359j:image

 

迷ったのですがコチラです。

  

sobameshi5.hatenablog.com

 

すずめちゃんにこの前会ったら、「胸以外は白子ポン酢に似てる女の子だよ!」と言って私にメチャクチャ似てる巨乳の女の子の画像を見せてきました。自分で言うのもなんですが、私は貧乳顔をしてるので、自分の顔に巨乳がくっついてるの見て「トリックアート??」と思いました。

 

 

f:id:sobameshi5:20180528231638j:image

 

わーーーーラジオ好きっぽい質問をされてしまった・・・・・・ありきたりかもしれないですがリトルトゥース(オードリーANNリスナー)としてチーム付け焼き刃の藤井青銅さんを推しておきましょうか・・・・・・

個人的には国分太一のRadioboxの放送作家が永田さんで、さっき言ってた中学の時文芸部で書いてた四コマの主人公が永田くんで、今一番大好きな最高ラジオのパーソナリティが永田さんなのメチャクチャ面白いなと思っています。誰もわからない話ですいません。

 

 

f:id:sobameshi5:20180528232135j:image

 

夜思いついた時に30分くらいで書くことが多いです。

 

 

f:id:sobameshi5:20180528232207j:image

 

セブ山永田の最高ラジオは本当に面白いです。

30分という短い時間であれだけトークの構成がしっかりしていてメールも面白いラジオ他にないんじゃないかと思います!よろしく!

 

 

f:id:sobameshi5:20180528232556j:image

 

マジでって言うほど気になること????そこまでシャチとイルカに大きな感情抱かなくない?子供の頃に持ってた浮き輪がシャチの形してたのでシャチです。

 

 

f:id:sobameshi5:20180528232720j:image

 

通勤の時と家事をしてる時ですね。

 

 

f:id:sobameshi5:20180528232331j:image

 

オモコロライターみくのしんさんが単独イベントをするそうですね。日程が合えば絶対に行きたいと思っています。オモコロラジオ火曜担当、元大仲良しラジオの2人が単独でここまでやるって誰が想像しました?絶対に見届けたいです。

 

 

 

 

以上です。

お前のことなんざ知らねぇよ!!という大多数の意見はさておき、たくさんの質問ありがとうございました。

「家の前の謎の穴に5回に一回はまってしまうことを避けるにはどうしたらいいですか?」という逆質問で終わりにしたいと思います。

読んでいただきありがとうございました。

ロックのスペルは


簡単な英単語というのはいつまでも記憶に残っている。

高校は地方の進学校に通っており、小テストで合格しないと延々と呼び出される地獄のループがあったので、すれ違う人々が死んだ顔で英単語帳を開いているという光景がよく広がっていた。
私は苦手な英単語のとなりには星マークが付ける習慣をつけていた。赤シートで何度消しても脳裏に浮かんでこない苦手な単語のページには宇宙かと思うくらい燦然と無数の星が輝いていた。

高校を卒業して英語に触れる機会が減り、難しい英単語はだいぶ頭から飛んでしまったものの、簡単な英単語は間違えることは無かった。

この間、母親とそんな英単語の話になった。
ブラジャーを忘れた友人のために、教科書の間に自分のブラジャーを挟んで麻薬取引のようにこっそり貸すという高校時代を送った母親。
「お母さん結構英単語は覚えてたよ」と自信ありげに語る。

「やっぱりああいうのは普通に覚えててもしょうがないんよ。独自のやり方で覚えないと!」

単語帳に星マークをつけて宇宙を作る独自のやり方を展開していた私は、自分の母親がどんなやり方で英単語を覚えてるのか気になった。

母親は覚え方の例でteacherをだした。

え?
teacher?先生?
teacherに覚えるもクソもなくない?
そう思って、不思議そうに見ていたら母親はドヤ顔で私に言った。

 

「teacherの綴りは
てあしひえるで覚えます」

 

「てあしひえる!?!?!?!?」

 

「TE(て)・A(あ)・C(しー)・H(ひ←?)・E(え)・R(る)
てあしひえる」

 

お・も・て・な・し
おもてなし
みたいに言うな。

 

母親は英単語を語呂で覚えていた。しかも初期の初期に出てくるおそらく誰も間違えることのないであろうレベルの英単語だった。
先生くらい間違えずに書いてくれ。

「他にもあるよ」

ほかもこのレベルの覚え方が続くんだろうなと思って、私は軽く身構えた。

 

「brotherは
ぶろたひえるで覚えます」

 

「ぶろたって誰!?!?」

 

ひえるはてあしーひえるの活用なので想像はついた。でもぶろたってなんだ。

 

「ぶろたって1回聞いたら忘れんでしょ!だからええんよ!ぶろたひえるで!」

 

母はハチャメチャに適当だった。

語呂の意味を分かっていない。意味のある言葉だから語呂が成り立つのに、もはや面白い語感を並べているにすぎなかった。というかぶろたの語感を覚えれるならbrotherのまま覚えろ。

どう考えても恥ずかしすぎるエピソードなのに母親はメチャクチャ自信満々な態度をとっていた。どうしてそんなにぶろたに自信をもてるのだろう。

私は馬鹿馬鹿しかった。
宇宙をたくさん作っていたあの高校時代は何だったのだろうか。
母親は馬鹿げた語呂を量産し、正確にぶろたひえるが書けていた。

それならそれでいいのかもしれない。
生み出した結果より、たくさん勉強した過去の自分が、次頑張る自分を作るのだと思う。

ぶろたの努力は無駄ではないのかもしれない。

 

 

 


ここからは、頭を使わずにお読みください。

 

TOKIOファンを12年ほどやっているので、今回、色々あったため、自分の気持ちを落ち着けるためにも、ある画像を作ってTwitterでツイートしました。

 

f:id:sobameshi5:20180512164302p:image

 

f:id:sobameshi5:20180512164308j:image

f:id:sobameshi5:20180512171211j:image

え?

 

f:id:sobameshi5:20180512164409j:image

 

 

 

 

 

 

f:id:sobameshi5:20180512164443j:image

f:id:sobameshi5:20180512164453j:image

f:id:sobameshi5:20180512164459j:image

f:id:sobameshi5:20180512164519j:image

f:id:sobameshi5:20180512164528j:image

f:id:sobameshi5:20180512164536j:image

f:id:sobameshi5:20180512164544j:image

 

f:id:sobameshi5:20180512164552j:image

f:id:sobameshi5:20180512164600j:image

f:id:sobameshi5:20180512164611j:image

f:id:sobameshi5:20180512164619j:image

f:id:sobameshi5:20180512164638j:image

f:id:sobameshi5:20180512164701j:image

f:id:sobameshi5:20180512164712j:image

f:id:sobameshi5:20180512164726j:image

f:id:sobameshi5:20180512164726j:image

f:id:sobameshi5:20180512164726j:image

 

いやいや大丈夫でしょ!

こんなツイート別に誰に見られるわけでもないし大丈夫大丈夫!ちょっとね!ちょっとミスしただけだから!誰にだってあるよちょいミス!ちょいミススルーしてこー!

 

f:id:sobameshi5:20180512164944j:image

 

ええええええええ

メチャクチャ拡散されてる!?

 

ここぞという時にみんなで協力してTOKIOを盛り上げよう!うん!そうだね!私のスペルミスを見ながらみんなでTOKIOを応援しよう!

 

いやいやでもね・・・

気づかないから誰も。私のスペルミスなんて誰も気付きはしないから大丈夫よ。

私のスペルミスより大事な問題が今死ぬほどあるんだからさ。

 

f:id:sobameshi5:20180512165215j:image

 

ガッツリ見てんね〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!

(マジでこういう引用RTがきました。ありがとっちです!ヒュウ!たすかる〜〜〜!)

 

しかも指摘されたのはLOCKバンドとデカデカと書いた方じゃなくて、紹介したTOKIOの曲名の方のスペルミスだね!!!!!そうね!!!!そっちの方が間違えると問題だよね!!!ね!!ね!!

 

ぶろた〜〜〜〜〜〜〜!!!

馬鹿にしてごめんぶろた〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!

馬鹿は俺だ〜〜〜〜〜〜〜!!!

 

うわあああああああぁぁぁああああぁぁぁ

 

f:id:sobameshi5:20180512165556p:image

f:id:sobameshi5:20180512165752j:image

 

え?

f:id:sobameshi5:20180512165813j:image

あ、ごめんごめんL!私が悪かったよ!言いすぎたよ!お前は何も悪くないよ!

むしろカクカクッてなっててすっげークールだよ!私はRよりLの方がロックだと思うナ!

 

f:id:sobameshi5:20180512165939j:image

ねぇ!!!L!!!!

戻っておいでよ!!!視力検査みたいになってるから!!!!!!

視力検査しないで〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!

ねぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!

 

 

 

f:id:sobameshi5:20180512165707j:image

あーあ・・・・・・・・・

 

f:id:sobameshi5:20180512173110j:image

ん?

 

f:id:sobameshi5:20180512173110j:image

もしかしてこれ

 

 

f:id:sobameshi5:20180512170152j:image

 

おしっこだ~〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

みなさん恥をかくことのないよう、英単語を勉強出来るその時間を大切に大切にしましょうね。

 

私はロックのスペルがRであろうとLであろうと、TOKIOが5人であろうと4人であろうとTOKIOをこれからも応援しております。

どんくさの血統


私はかなりどんくさい。

足は遅い。
体力がこれでもかというほどない。
走り方も歩き方も変だ。
何もないところで転げまくる。

思春期、運動神経は母親側から遺伝すると知り、この呪われた血筋を自分の代で止めることが出来ないことを察した私は絶望感に苛まれた。
運動神経が良かったら私の人生の幸福度はどれくらい上がっただろうと学生の時何度も思った。
また、気が強そうな見た目をしているのか、絶対に「バスケ部?」と聞かれ体力測定の時には期待の眼差しで見られるのだが、こちとら「明日」を「希望」と読むような背筋が凍るポエムを延々と書き連ねていた文芸部である。50メートル走で、「手加減してね〜」と言ってきた隣の子の背中がどんどん遠くなっていく様を、遅い足をバタバタさせながら私は追いかけていた。そこに希望などなかった。

今日のブログはそんなどんくさい私のある日の下校の話である。


私が通っていた学校は山の上にあり、帰る時は大きな坂を自転車で乗って降っていくような所だった。坂の途中に大きな池がありそこに、学校に嫌気がさした生徒が教科書を投げ入れてるとか、池のヌシがその学生の鬱憤の塊を食べて巨大化してるとかいう噂も聞いた。

坂は急角で池をなぞって急カーブする構成になっている。私は自転車でスピードを出してくだっていくのが怖くていつもブレーキを踏みながらくだっていた。

しかし、その日は雨だった。


「キキキキキーーー!!!!!
ガシャーーーーン!!!!!!!」

何もないところで転げる天才こと私にとって、雨の日の急カーブで転げるなど笑止千万。そう。転げたのである。なんの面白みもない。こうなるだろうなと思ったタイミングでその通りにやり遂げる女。

私は自転車から落ち、顔が道路に激突した。
一瞬パニックになったが、「こんな恥ずかしい所同級生に見られてはならない」と震える身体を起こし、とっさに違和感を感じた口元に手をやった。


血が。
血が出ている。


口から血が出ていることに気がついた。鏡を持っていなかったのでどう傷が付いていたのか分からなかったが、私の口から血が出ていた。そのことは私をパニックの渦に引き込むには充分だった。

パニックどんくさ流血少女は考えた。
そして、「とりあえずこの口から流血している姿を同級生に見られるわけにはいかない。」という結論に落ち着いた。
「4組の白子ポン酢は下校時には口が裂けてるらしい」という噂が広まろうものなら、私のときめきスクールライフは終わりを遂げる。高校3年間処女のまま終わりを遂げる。(なお高校3年間処女のまま終わりを遂げた)

「どうにかしてこの口裂け流血状態をなんとかせねば!」と思った結果私が生み出したのはこれだった。


ティッシュを噛みしめながら家に帰る。


ティッシュは私の口裂けから流れる血液を吸収し、口元から垂れ流れるのを抑えてくれると考えたのだった。
実際やってみたら、口内に異物が入ってきたことによる嫌悪感で歯磨きをしながら嗚咽音を出すジジイのモノマネをしてしまったが、誰にも見られなかったので、「4組の嗚咽ジジイ」の異名を唱えられることはなかった。


ティッシュを噛みしめ時々嗚咽ジジイになりながら、必死で家に帰った。
雨の中、自転車を漕ぎながらカッパはなんの意味もない。ごうごうと降りしきる雨は、少女をびしょ濡れにした。

視界が悪く、血塗れのティッシュを食ってるので脳の回転も衰え、何回もこけそうになった。
道中に突如現れる地面からニョキニョキ生えてる車止めの石にドゥンッてぶつかったりもした。
あれなんの為にあるんだ。こんなところに車なんて通らんだろ。
血塗れのティッシュ食ってる口裂けの処女がドゥンッてなることを予想出来なかったのか。予想しろ。口裂けのどんくさ処女がこの街にいることを。


口から血は止まらないし、疲労でいっぱいだし、雨でびしょ濡れでいつもなら40分で帰れる所が帰宅に1時間以上かかってしまった。
携帯を持っていなかったため連絡出来ず、門限に厳しい母親に怒られることも予想したが、正直に今日あったことを話そうと思った。

私はどんくさい。
どんくさい私の人生をせめて母親に肯定して欲しいと思った。


家の扉を開けると、何か言いたげに母親が近寄ってきた。


「・・・ヒャッ」

私の顔を見た瞬間母親は小さく悲鳴をあげた。
そして、私に向かっておそるおそる言葉を発した。


「・・・な、生肉?」


予想だにしなかったワードが入ってきた。
生肉がなんだ。びしょ濡れの娘が帰ってきて他に何かないのか。母親は何も答えない私に続けて聞く。


「なんで生肉食ってんの・・・?」


そこで察した。
母親は私の口から出ている血塗れのティッシュを生肉だと思っていた。

雨の日に生肉食いながら帰宅するって一体なんだ。

平成の日本のどこにそんな野性的な女子高生がいるんだ。
ひと狩り行こうぜじゃないんだ。これは血を吸収したティッシュだ。

 

「にゃ、にゃまにくひゃにゃい・・・・・・・・・」

 

私は傷の痛みと口の中のにゃまにくで喋ることが出来なかった。
事態を察した母親は転げ回って大爆笑していた。

 

「生肉かと思ったwwwwwwwwゲラゲラゲラゲラ!!!!!!!!! なんで生肉食ってんのwwwwwwwwゲラゲラゲラゲラwwww」

「にゃまにくひゃにゃい・・・・・・・・・にゃまにくひゃにゃい・・・・・・・・・」


私はホロホロと涙を流しながら生肉を噛み締めた。

次の日、私が生肉を噛みながら血まみれで家に帰ってきた話は親戚中に広まっていた。


呪われた血筋は延々と続いていく。

ティッシュに染み込んだどんくさい私の血も受け継がれ、また新しいティッシュへと染み込んでいく。

自分の人生は自分で受け入れていくしかない。そして、いつか生まれてくるわが子の人生も、受け入れさせるしかないのだ。

生肉に笑い転げた母親は、星雲のコマーシャルを歌いながら陽気に風呂に入っている。

 

 

開け放て!セクハラの扉!


突然のセクハラは笑ってしまう。

 

最近セクハラが話題になっている。

実際にセクハラに悩んでいる人もいるし、私がそれについて意見をどうこう言う訳では無いのだが、今日は個人的な経験からくる話である。


大学の時に働いていたバイト先のラーメン屋の店長は、ヤンキーあがりのガテン系みたいな見た目をしていた。
店にやって来る知り合いも大抵皆いかつかったし、矢沢永吉に憧れてるのか知らんけど控え室の壁に矢沢永吉の写真が押しピンで乱雑に止められていた。


店長は普段店で働くことはなく、大元の会社にいることが多いのだが、深夜3時営業時間が終わって片付けをしているあたりにダル絡みをしによくやって来た。

ここで皆さんに問う。深夜3時まで飲食店で働いたバイトたちにかける労いの言葉とは一体なんであろうか?
「お疲れ様!」とか「今日は忙しかった?」とか普通そんな感じじゃなかろうか。
飲み屋街に位置するラーメン屋で、酔っ払いの相手をたくさんこなし、わたしは疲労感でいっぱいだった。そんななか、労ってくれる人の言葉が欲しいと思うのは当たり前の心理だろう。


ガラガラッ

 

勢いよく扉が空いた瞬間、店長の姿が見える。
私は店長からの労いの言葉を待つ。


「〇〇ーーー!(わたしの名前)
何円払ったらクンニさせてくれる!?!」

 

え?おつクンニさま?

信じられない文言が耳に入ってきたけど、おつクンニさまってこと?お疲れ様って文字で書くとお疲れ様だけど正しい発音は「おつクンニさま」だったりするってこと?


「2000円!?」


いやほんで安いな。
いや知らんけど。クンニの相場を知らんけど。市場でどのくらいの値段でクンニの取引がなされてるのか知らんけど。


その時の私はというと、爆笑してしまっていた。
発言としては完全に最悪の部類だし、最悪のセクハラである。
しかし、そんな気持ちの悪いセクハラも言い方によって印象が変わってくるのだなということを知った。


行き場を失った手がおそるおそる、二の腕にきてチョンッて指先でつつかれて「おまたを舐めてもいいですか」ってヌメヌメと聞かれるよりは、パーンッ!と扉を開け放った瞬間「クンニさせてー!!!!!!!!!」って言われた方が清々しい。清々しいし、いざされるとメチャクチャ笑ってしまう。清々しくセクハラされると笑う。


何事も正々堂々向かっていくのがいいのかもしれない。恐る恐る胸の奥から出したドロドロとした欲求は、いざ形に現れると気持ち悪く思われてしまいがちだ。だからこそ勢いよく出して見た方がもしかしたら健全なコミュニケーションが取れるのかもしれない。

 

開け放て!セクハラの扉!そこにこそ誰も傷つかない世界があるかもしれない!


店長はその後も扉を勢いよく開けながら「おい〇〇(わたしの名前)!セックスさせろ!!!」と入ってきた。
いいぞいいぞ!そのまま突き進め店長!と、私は応援していた。

 

 

その後店長は正々堂々と別のバイトの女を抱いて、奥さんにバレて大変なことになっていた。

 

おつクンニさまです。

 

 

編集後記:

この記事に書いてあることは全部間違いです。正々堂々とセクハラするのはやめましょう。

あと、安田大サーカスのクロちゃんによると、3時間クンニを続けるとクンニーズハイになって舐めているのが当たり前という感覚になるそうです。

クンニーズハイってなに?